↑おまとめ・借り換え最強はここだ!イオン銀行ネットフリーローン

借金一本化の注意点!!デメリットを知りましょう。

今、借金にお悩みの方、借金の一本化というのはご存知でしょうか?

 

複数から借金をしている場合に、一社にまとめて一本化することで金利を下げたり、返済の手間を省くことで、

 

返済計画が立てやすくなるなどのメリットが存在します。

 

ただし、注意しなければならないのは、必ずしもメリットばかりになるとは限りません。

 

下記の注意点をよく読み、いくつかのデメリットが存在していることを把握したうえで、一本化を検討しましょう。

 

注意点@ 金利が安くならない場合がある

 

借金一本化には、金利を安くして利息を抑えるという目的がありますが、実際に一本化してみると、

 

思ったより金利が下がらないという場合があります。

 

消費者金融などの金利に比べると、一本化を目的としたおまとめローンなどの金利は安く設定されていますが、

 

利用する金額やおまとめローンのプランによっては金利がそこまで下がらない可能性もあります。

 

これらは、事前に調査すれば避けられることなので、きちんと利用計画を立てましょう。

 

 

 

注意点A 一本化の前に減らせる借金がないか確認しましょう

 

借金一本化の前に必ず行うべきなのが、2010年より施行された利息制限法によって減らせる借金があるかどうかの確認です。

 

施行前からの借金があった場合、聞き直し計算によって借金そのものを減らせるか、場合によって過払い金を取り戻せる可能性があるからです。

 

しかし、これに気づかずに借金一本化を行ってしまうと、借金の減額や過払い金の返還を行うことはできなくなってしまいます。

 

必ず事前に確認しておきましょう。

 

 

 

注意点B 悪徳業者には注意しましょう

 

現在、借金一本化やおまとめローンをうたった悪徳業者が数多く確認されています。

 

これらに引っかかることのないように注意する必要があります。

 

有名な銀行など、きちんとしたおまとめローンなどを利用すれば特に問題はありませんが、

 

聞き覚えのない所の借金一本化の話には十分に注意し、事前に調べた上で利用する必要があります。



1位:イオン銀行ネットフリーローン

 

2位:オリックス銀行カードローン

 

3位:アコム

1位:プロミス

 

2位:アコム

 

3位:モビット

1位:イオン銀行カードローンBIG

 

2位:オリックス銀行

 

3位:プロミス

 

 

 


1位:イオン銀行カードローンBIG

 

2位:オリックス銀行カードローン

 

3位:楽天銀行スーパーローン

1位:プロミス

 

2位:アコム

 

3位:レイク

1位:プロミス

 

2位:アコム

 

3位:オリックス銀行カードローン

このページの先頭へ戻る