↑おまとめ・借り換え最強はここだ!イオン銀行ネットフリーローン

借り換えで金利を減らすとは一体どういう事なのか?

複数のカードローン会社から借り入れを行っている場合、これを一社にまとめる(借り換え)事によって金利を減らせる場合があるとご存知でしょうか。

 

金利が減れば、返済総額も減らせて支払いが楽になるのは当然ですので、現在複数社に返済を行っている方にとっては嬉しいお話だと思います。

 

とは言え、借り換えをして金利が減るというのはどういった原理なのでしょうか。

 

仕組みがよくわからないと不安だと思いますので、こちらで具体的な例を上げてみましょう。

 

現在2社のカードローン会社からそれぞれ100万円、50万円の借り入れを行っていると仮定します。

 

金利というのは借り入れ金額によって変動しますので、この場合ですと100万円の借り入れに対しては15万円、50万円の借り入れに対しては9万円の利息がつきます。

 

※金利は利息制限法によって定められています。

 

10万円未満の借り入れの場合は20%(上限利率)、10万円から100万円までには18%(上限利率)、100万円以上には15%(上限利率)というように、借り入れ金額が大きいほど金利は低くなっていきます。

 

上記のケースですと2社から合計で150万円借りて利息は24万円となります。

 

これを借り換えにより一社にまとめたとします。

 

150万円の借り入れには金利は15%が適用されるので、利息は225,000円となります。

 

すなわち、同じ150万円を借金していても2社からの借り入れだと利息は24万円なのに対し、一社にまとめると225,000円となるため、15,000円も支払う利息は変わるのです。

 

ちなみに今回の計算では上限の利息を使用しましたが、カードローン会社によってもっと金利を低く設定している場合もあります。

 

条件などにもよりますが今より金利が下がれば、その分だけ返済が楽になるでしょう。

 

 

 



1位:イオン銀行ネットフリーローン

 

2位:オリックス銀行カードローン

 

3位:アコム

1位:プロミス

 

2位:アコム

 

3位:モビット

1位:イオン銀行カードローンBIG

 

2位:オリックス銀行

 

3位:プロミス

 

 

 


1位:イオン銀行カードローンBIG

 

2位:オリックス銀行カードローン

 

3位:楽天銀行スーパーローン

1位:プロミス

 

2位:アコム

 

3位:レイク

1位:プロミス

 

2位:アコム

 

3位:オリックス銀行カードローン

このページの先頭へ戻る