↑おまとめ・借り換え最強はここだ!イオン銀行ネットフリーローン

多重債務に陥った時の対処法

多重債務とは、複数のキャッシング会社及びカードローン会社から借入れをしてをしていて、返済を続けている状態のことを言います。

 

多重債務の状態になると、別々の会社に期日ごとに返済を行うので手続きが煩雑になります。

 

その他にも自転車操業という、他社から更に借入れを行うことで別の借入れの返済に充当あせるということをする人もいます。

 

その結果、利息が余計に多くなることにより、返済が困難になってしまうことになるのです。

 

多重債務の状態になった際には一刻も早く現状を改善する必要があります。

 

 

 

●借入れの1本化を考える

 

最近のカードローン会社では、多重債務の人の為におまとめローンという商品を用意しているところが多くなっています。

 

複数の違ったキャッシング会社やカードローン会社からの借入れを一本化することにより、今までより低い金利が適用されるようになることもあるのです。
もちろん借入れ金としての残高は同じままなのですが、少しでも低金利に切り替われば毎月の返済額を少なくすることが可能となるのです。

 

現在多重債務となている人は、一つにまとめることにより、借りれを整理することを考えてみましょう。

 

 

 

●債務整理について

 

もしもおまとめローンを利用しても既に多重債務の状態が厳しくなり、返済不可能と判断された場合には、債務整理という手段もあります。

 

債務整理には4つの種類があり、「任意整理」「特定調停」「個人民事再生」「自己破産」となります。

 

「任意整理」とは、普通は弁護士などが金融機関との間を仲介して進めていくものです。

 

利息制限法に基づき、全ての債務を調整して現在の支払い能力に見合った返済条件を、金融機関と折衝していきます。

 

「特定調停」とは、簡易裁判所に届けることによる任意整理のことです。

 

支払い能力があることが判明すれば、債務総額を確認したうえで、計画的に返済を行っていくものです。

 

「個人民事再生」とは、債務整理の中でも住宅ローンを除いた債務総額が、5000万円以下である時に適用されるものです。

 

返済額を確認後、原則として3年以内に分割して支払いをしていくことになります。

 

「自己破産」については、全く返済できる可能性がないと判断された場合に行う債務整理となります。

 

今自分が保有している資産や財産を全て処分することにより、借入れをなかったことにするという手段です。

 

自己破産をする際には裁判所に申し立た後に、破産認定されることになります。

 

しかしギャンブルなどで借金を増やした人の場合は、自己破産が認められないケースもあるのです。

 

自己破産に関しては、特定の職業での就業を制限されたり、個人の信頼が損なわれることになるということも覚悟が必要となるので、慎重に決断することが大切です。



1位:イオン銀行ネットフリーローン

 

2位:オリックス銀行カードローン

 

3位:アコム

1位:プロミス

 

2位:アコム

 

3位:モビット

1位:イオン銀行カードローンBIG

 

2位:オリックス銀行

 

3位:プロミス

 

 

 


1位:イオン銀行カードローンBIG

 

2位:オリックス銀行カードローン

 

3位:楽天銀行スーパーローン

1位:プロミス

 

2位:アコム

 

3位:レイク

1位:プロミス

 

2位:アコム

 

3位:オリックス銀行カードローン

このページの先頭へ戻る