↑おまとめ・借り換え最強はここだ!イオン銀行ネットフリーローン

おまとめローンで効率的に返済を進めよう

複数の金融業者からの借入をひとつにまとめて、一括に返済をしていこうという「おまとめローン」、今では認知度も高まって利用している人も増えてきています。

 

 

 

けれど、せっかくそのようにひとつにまとめたのに、生活スタイルを改めることができず、結局新たにまた他者で負債を抱えて、元の木阿弥、といった状態になる人もいるそうです。これではまったくまとめた意味がありません。

 

 

 

どのように意識を改めたら良いのか。

 

それは借入を増やしているということは、支出が増えているということ。

 

その支出を把握すること、「支出リスト」を作成することがひとつの簡単な方法としてあげられます。

 

 

 

いわゆる家計簿と同じもので、自分がどのような支払いをしているかという明細を付けていきます。

 

といってもあまりに細かくやると面倒になってしまうことが考えられますので、家賃、食費、日用品、通信費などというおおまかな項目を決めて、それぞれにおいて支出の上限を決めておきます。

 

その作成したリストを部屋のわかりやすいところに貼り付けておくことで、常に日常のなかで自分の支出を意識することができるようになります。

 

 

 

そうするだけで、常に返済を続けているという意識が生まれやすく、返済をつづけていくことが計画的に進みやすくなるでしょう。

 

 

 

借入しているということは意識の外におきたいものでしょうが、それはつまり現実から目を背けているのと同じです。

 

ちゃんといついかなるときも意識することで、返済しなくてはいけない強い意志も生まれるのです。

 

 

 

また、返済のスケジュールは金融機関より連絡が入りますので、そのスケジュールも遅らせることのないように努めましょう。

 

なるべく銀行振り込みで自動的に引き落としを行わせるほうが、都度払い込むよりも計画的に続けられます。

 

 

 

また、ボーナス等で余分に収入が入ったら、繰り上げで返済を行いましょう。

 

結果的に短い期間で払い終えることができるので、全体的に支払う金額を減らすことができるからです。

 

 

 

 

 

それでもまだ余裕があるなら、少しは自分にご褒美を与えるのも、日々の努力の対価としては良いことです。

 

くれぐれも、甘やかさないように。

 

このような意識を持つことで、借入の計画的な完済が現実的になることでしょう。

 



1位:イオン銀行ネットフリーローン

 

2位:オリックス銀行カードローン

 

3位:アコム

1位:プロミス

 

2位:アコム

 

3位:モビット

1位:イオン銀行カードローンBIG

 

2位:オリックス銀行

 

3位:プロミス

 

 

 


1位:イオン銀行カードローンBIG

 

2位:オリックス銀行カードローン

 

3位:楽天銀行スーパーローン

1位:プロミス

 

2位:アコム

 

3位:レイク

1位:プロミス

 

2位:アコム

 

3位:オリックス銀行カードローン

このページの先頭へ戻る