↑おまとめ・借り換え最強はここだ!イオン銀行ネットフリーローン

おまとめローンは金利に注目

せっかく返済先が1つになっても、金利が高ければ、返済の苦しみは続きます。

 

おまとめローンを利用したときにかかる金利について、金融機関によってどのような差があるのでしょうか。

 

 

 

おまとめローンの金利は、各社それぞれとなっています。

 

ところで、金利についてあなたは本当に理解できていますか? まずは金利に関する表現について確認しておきましょう。

 

 

 

おまとめローンでもよく知られている、三菱東京UFJ銀行カードローンを例に見てみましょう。

 

三菱東京UFJ銀行カードローンのおまとめローンを利用した場合、年率は4.6%〜14.6%とされています。

 

この年率が意味するところがおわかりでしょうか?

 

 

 

この年率4.6%〜14.6%という表現が意味するのは、この数字の範囲において、借り入れをしている被融資者の信用に合わせた金利を、銀行が設定するということです。

 

つまり、金利を設定するのは債権者であって、債務者ではないということです。

 

 

 

では、どのようにして金利は決定されるのでしょうか?

 

 

 

いくつもの負債があり、しかもそれが多額である人が、ある銀行から初めて融資を受けるとします。その場合、金利は一般的に10%程度と高めに設定されます。

 

しかし、同じ多額の負債を抱える人でも、社会的な信用があったり担保物となりうるものを保有している場合や、これまでの返済記録が良好であったりする場合には、低い金利が設定されます。

 

 

 

金利設定に関するこうした事情から、おまとめローンを利用するときに、どこの金融機関を利用すべきかが見えてきます。

 

 

 

おまとめローンを利用する場合も、初めてその銀行を利用するという人は、銀行に対して信用がありません。したがって、一般的には、最高金利となる利率が設定されることになります。

 

したがって、目をつけるポイントは「年率の上限」ということになります。消費者金融系にせよ、銀行にせよ、おまとめローンを利用するときには、この点に注意して賢く選ぶようにしましょう。

 

 

 

各社の設定金利や利用条件などをしっかりと確認して、自分に有利な条件のローンを見つけましょう。

 



1位:イオン銀行ネットフリーローン

 

2位:オリックス銀行カードローン

 

3位:アコム

1位:プロミス

 

2位:アコム

 

3位:モビット

1位:イオン銀行カードローンBIG

 

2位:オリックス銀行

 

3位:プロミス

 

 

 


1位:イオン銀行カードローンBIG

 

2位:オリックス銀行カードローン

 

3位:楽天銀行スーパーローン

1位:プロミス

 

2位:アコム

 

3位:レイク

1位:プロミス

 

2位:アコム

 

3位:オリックス銀行カードローン

このページの先頭へ戻る